ホーム » 健診を業者に代行させる方法について解説

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    健診を業者に代行させる方法について解説

    大企業では健診を管理することは、専門の人員を確保するなどの労力を要します。業者に健診代行を依頼すると、健診のための人員を削減してその他の事務的な業務に人員を配置でき、本来の業務を行うことができます。健診代行を依頼したい場合、インターネットで問い合わせや資料請求ができるので、契約自体は簡単です。何社か資料請求して比較検討してみましょう。代行の内容については、各業者により違いが見られます。健診機関への予約から実施後のフォローまで、一貫して委託することができて、事務の労力を大幅に削減することができます。健診の代行業者は全国にネットワークを持っている規模が大きい業者もあり、労働者がより健診を受けやすく、受診率も上がることが期待されます。未受診者に対してのサポートも充実しています。

    インターネットが普及した現代は健診代行がより便利に

    まず企業から健診の対象者の情報を聞き、医療機関へ健診の予約を行ないます。予約の際には対象者が希望する日時を予め聞いておき、予約の代行をします。このとき、健診コースなども費用に合わせて選ぶことができます。自分の健康は気になるけれど、費用も気になる人にはうれしい選択肢です。業者の健診代行は、予約することはもちろんのこと、予約や受診状況を管理し、未受診者がなるべくいないようチェックします。未受診者に対しても、後回しにせず今年度分はきちんと受診できるよう、電話やメールなどで勧めてもらえます。各医療機関への支払いを代行してもらえて、企業側には一括請求なので、支払い先が複数に分かれず、代行業者への支払いのみで便利です。健診の費用は全国一律なので、予算のめどをつけるのも簡単です。

    受診者のフォローアップも完璧な健診代行

    健診を受診後、検査結果をデータ化し、同一のフォーマットで納品してもらえるため、医療機関ごとの違った健診結果を見比べる必要がありません。何年かの長期間同じ健診代行業者と契約すると、受診者の健診結果データを追跡でき、生活習慣を見直すことができます。また、毎年同じ時期に健診を受けることにより、病気の早期発見につながります。健診がきっかけになり健康に対する意識が高まり、食事や運動など、毎日の生活習慣を変え、病気の予防につながることも可能です。企業ぐるみで健康意識を向上させることは、仕事の効率化を図ることができ、企業にとっても利益につながります。保健師や産業医などのカウンセリング依頼なども代行してもらえる業者もあり、事務的な面だけでなく、受診者に対してのフォローアップも安心です。