スマホケース関連情報

HOME買ってから後悔するパターン

最終更新日:2017/09/19

買ってから後悔するパターン

赤いスマホケース

スマホケースを買ってから後悔するというときは、どのようなときでしょうか?
スマホを使う場面をしっかりと想像しながら購入することによって、スマホケースを買ってから後悔することを防ぐことができます。
【使い分けようと思ったけど着脱が面倒】
通勤用、デート用、普段用、お風呂用などスマホを使い分けて買ったものの、つけかえるのが面倒くさくなってどれか1つしか使わなくなってしまった…このようなときにスマホケースを買いすぎたと思い後悔することがあるようです。まずは本当に使うかどうかをよく考えてから複数買うかを検討してみましょう。豪華一点主義で、質の高いものを1つ会という選択もあります。
【すぐに壊れた、劣化した】
素材の特性をよく調べてから購入するようにしましょう。間に合わせで買うならとにかく、長く使うつもりで買うなら安すぎるものは避けるべきです。ハードでもプラスチックは割れることもありますし、ソフトでも伸びてしまう素材もあります。
素材によっては熱に弱いものもあります。直射日光を避けた充電中は外すなどの工夫もしていくことで、長く持たせることもできます。
【デザインにすぐ飽きた】
ちょっと高級なスマホケースを買う場合は、無難でシンプルなデザインを選ぶ方がいいでしょう。流行のデザインや奇抜なデザインを選んでしまうと、すぐに飽きてしまう可能性があるからです。
流行などを追うなら、その都度買えるつもりで購入することが望ましいです。その場合、安めのケースを選ぶことで後悔しにくくなります。
【手帳型にすれば良かった、もしくはシンプルなものにすれば良かった】
もし初めてスマホケースを買うのだったら、メインで使うスマホケースを買う前に、安いものを試しに2つ買ってみるという方法もあります。特に手帳型か手帳型でないかは好みが非常に分かれます。自分で使ってみて納得したうえで、ちょっと質の良いものを改めて選ぶことができます。
【衝動買いでスマホケースを買うことを避ける】
デザインや見た目の「一目ぼれ」だけで、毎日のように使うスマホケースを使うことは避けましょう。デザインも大事ですが、使うところをよく想像してから買うようにしましょう。
【不満を持たないことも大切】
「もっといいものがあるのではないか」と、隣の芝生は青いといった感覚で、自分の持っているスマホケースに不満があるだけのこともあります。せっかく買ったスマホケースです。長所を探してもう少し長く付き合ってみることも悪くないかもしれません。

一覧はこちら

スマホケースランキング

TOP